桂音会について

桂音会
磯路三丁目桜通り

桂音会
桂音会は、昭和43年以前の町名、桂町と音羽町から生まれました。 町会の境界にそって桜並木があり「磯路桜通り」と呼ばれています。 大阪市の都市景観にも選ばれ、桜の季節には多くの方々が桜並木を見にこの地を訪れます。 その「磯路桜通り」を維持・管理しているのが桜並木に面した住人の会「桂音会」なのです。

夜桜とぼんぼり
花びら・落ち葉や枯れ枝の清掃、害虫の駆除など、地域住民は365日、これらの桜と向き合っています。例年、桜の満開に合わせて、桂音会の手により「ぼんぼり」が吊られ、夜間ライトアップがあります。

磯路の桜並木
「桜は街路樹には適さない」と行政の反対を受けながらも、桂音会の熱意にほだされ、植えることの許可を行政が出したという経緯から、植樹から60年経つ現在も、剪定や害虫駆除さえも、行政には頼れません。維持保存のため、会費を募り、その会費から、剪定、害虫駆除剤の散布、枯葉の清掃などを行っています。



都市景観資源

『地域住民により植えられ、管理されている桜並木は他の地域ではないもので、国の緑陰道路プロジェクトにも指定されている。地域の理解と協力によりはぐくまれている景観として貴重な地域の景観資源であり、景観面・運用面とも他のモデルになる。』として大阪市都市景観委員会の審議を経て、平成23年7月1日に都市景観資源に登録されました。

緑陰道路プロジェクト

桜便り

 昭和38年2月に 通り沿いに住む服部さんが、海抜が低かった地域が盛り土し宅地化されたことで殺風景だった景観を少しでも明るくしたいとの思いから「八重桜を植えたい」と行政にかけ合いました。
「桜の木は街路樹には適さない」と、反対され、それでも「植えたい」と何度もお願いにあがり交渉したことで「自分たちで面倒をみるのなら・・」と許可された経緯があります。
約80戸から、その当時のお金で60万円(現在の百数十万円)を掛け、110本を植樹しました。 当初は若干の補助もあり、公園の植木の手入れの残りの薬剤を散布してくださることもあったと聞きましたが、いつの頃からか、行政の道路清掃面からも、公園を保持するための費用面からも、補助金として予算化されることなく通りに面した住民たちが守ってきました。
365日桜通りに面した方が清掃され、季節ごとに剪定し、害虫駆除剤を散布して来ましたが、メンバーも年齢を重ね、これらの作業が重荷になりつつあります。 植樹から40年が過ぎ、木が大きくなり過ぎたことで、道路は根っこが張ることで盛り上がり、枝がドライバーの視界を遮るなどの弊害も出て、道路の大きくはみ出した枝がトラックを傷つけ損害賠償を請求される事案もありました。

桜並木通り
大阪市港区

桜並木通り
桜通りには、南北(磯路3丁目~弁天3丁目) 800mに渡ってソメイヨシノとサトザクラが植えられています。その桜並木は、地域住民により植えられ、管理されているもので、開花時期にはぼんぼりも飾られて港区の桜の名所となっています。

「桂音会について」への6件のフィードバック

  1. やのようこ

    今まで通りかかる人たちの目を楽しませて頂いてありがとうございました。
    行政の管理だと思っていましたが、住民の方々のボランティアだったとは、よけいにありがたい気持ちになりました。
    どうもお疲れ様でした。

  2. 私の故郷の駅の線路沿いに植えられていた桜並木が老木となって全滅の危機(ソメイヨシノ品種は一本の原木からの接ぎ木(クローンの桜)だから種では生まれない)を迎えました。然し、その当時の区長を始め住民の方々の努力(老木の再生)に因って蘇り、一時的ではありますが、現在は松浦鉄道浦ノ崎駅は【桜の駅まつり】として有名になり、今年も開催されました…

  3. ナガイイクコ

    長年にわたり住民の皆様のお世話ありがとうございました。
    大阪市内でも多くの貴重な街路樹が「大木化」「根上り」と云う理由で伐採されています。
    立派な樹木は数十年かけて成長します。
    大阪万博に向けて、吉村知事は1000本の桜の「若木」を植樹するそうです。
    若木を植えても、美しい年輪に到底はかないません。
    「桜の木は街路樹には適さない」と反対されても尚
    住民の方に愛され続け長年守って頂き本当にありがとうございました。

  4. どらちゃん

    港区長さん莫大の費用を使い(数千万~億)桜を切って道路を直す 
      必要ない事を大金を使いやろうとするのですか   
    もっとサクラ通りを歩いてみはったら  木も元気 歩道も2~3か所デコボコがある位ですよ
    木も大きくなって危険と言うなら剪定でどうにでも デコボコもその部分のみ直せば10万もあれば 何故
    そんなに 業者のため仕事を造る ? こんな無駄な 何の意味のない伐採 さくらが可愛そう
    さくらも生き物です 無駄に切らないで 徐々に植え替えれば 費用も 役所は切らなくては ならないなにかがあるみたいですね 区長は新任時 地元住民との会合で さくら通りは残す でも小ぶりの桜にすると約束されている 前区長もおられた なのに どう変わつたのか 全く反対 住民不在しらされていない 説明会開くべきでは さくらが化けてでるよ
    街の賑わいを紡ぐ 無くすればサクラ通りのこの賑わいは難しいよ 区長さん 人口を増やすにはサクラ通りは無くすべきではない 想い出のサクラ通り 約束どうり剪定して残して

    1. どらちゃん様

      氏名やメールアドレスを変更して、いつもコメントありがとうございます。

      歩道の凸凹の場所ですが、かなりの数があると認識しています。
      その凸凹でつまずいたや転んというご連絡を区役所に何度もご連絡された方がいると聞いています。

      凸凹を直す費用も、桜の木が原因ですので桂音会負担となる場合があります。

      当初は植え替えという話で、協議が進んでまいりましたが
      一時期、上記のような苦情が多数、区役所に届くようになり
      桂音会と区役所や建設局などで再度協議になりました。
      その結果、桜を伐採するということへの後押しになった一因でもあります。

      剪定に関しましては、桂音会で行ってまいりましたが
      会員の高齢化も進み、剪定位置が高木ということもあり危険な作業です。
      桂音会でできる事とできない事も多くなってきましたので行政に委ねることになりました。

      どらちゃん様がコメントされている、前区長が出席されているお話は
      桂音会と役所の初めの会議で、一般の方には公開されていないお話です
      ですので、桂音会会員様しかご存じないかと思います。

      ご存じかと思いますが、地元住人の方との会合はしておりません。
      桂音会と区役所との会議でしたよね。

      歩道の凸凹問題や木の剪定だけでなく、
      桜の木と住居との間の道が店舗様の看板や放置自転車などの遮蔽物などで
      人の往来がしにくくなっているというのも聞きます。
      そういった様々な原因もあり、すべての木を元の位置に戻すこともできないという話も聞きます。

      これから区役所や各所と協議を進めて決めていきますので
      ご理解の程、宜しくお願いいたします。

  5. ロマンスカーはこね

    あんな立派な桜の並み木を伐採してしまうなんて非常に残念です。
    地元有志の管理だそうですが、なぜ大阪市は知らん顔しているのか甚だ疑問です。
    歩道もそんなに凸凹にはなってないようだし、車道の通行の邪魔になるなら下方の
    枝だけを剪定すればいいのに。
    行政と言うものは本当に高圧的かつ非情だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です